広島で相続手続きの相談、法人設立の代行なら広島の司法書士事務所、いわさき司法書士事務所にご相談ください。
いわさき司法書士事務所スタッフブログ イメージ画像

更新情報

休眠抵当権とは?   明治・大正・昭和初期に設定された古い抵当権が消されないまま(抵当権抹消登記がなされていないまま)、 現在も登記簿上に残ったままの抵当権のことを意味します。   金融機関でご融資を受けるときや、相続手続、遺言書の作成等で…
『休眠担保権の抹消方法(供託利用の特例)』の画像

※本記事は令和3年9月時点での情報です。 前回の記事で、太陽光発電事業への担保設定について取り上げました。 本日は、その中でも、事前提供方式を利用した、動産譲渡担保の登記についてご紹介します。 動産譲渡登記とは 動産譲渡担保とは、動産を債権者に譲渡して借入れ
『事前提供方式を利用した動産譲渡の登記について(前編)』の画像

本日は配偶者居住権に関する登記の重要な先例をご紹介します。   配偶者居住権の意義 配偶者居住権とは、被相続人(亡くなられた方)が所有していた建物に配偶者が住んでいた場合、 被相続人の死亡後も、配偶者が、終身又は一定の期間まで住み続けられる権利です。…
『配偶者居住権の重要先例』の画像

令和3年4月、相続登記の義務化などを定めた改正法案が成立しました。令和6年までの政令で定める日より、不動産所有者の相続人等は、取得を知ってから3年以内に相続登記を行うことが義務付けられ、正当な事由なくこれを怠った場合は、10万円以下の過料が科されることに
『固定資産の現所有者申告の義務化について』の画像

民事信託(家族信託)とは 最近、「家族信託」という言葉を耳にして、事務所に相談に訪れるお客様が増えてきています。 「信託」とは、財産を信頼できる人に託し、管理・運用・処分をしてもらう仕組みで、英米では古くから存在しています。 日本でも旧信託法が大正11年(1
『認知症対策のための民事信託(家族信託)とは』の画像

不動産登記の新しい先例が出ました。【R3.7.29 民二.886】   (照会) 債権者代位による相続を登記原因とする所有権の移転の登記の申請における 相続放棄の申述がないことの裁判所の証明書の提供について   (回答) 債権者が相続登記を…
『最新先例のご紹介【代位による相続申請の添付情報について】』の画像

皆さんご存じかと思いますが… 「住宅用家屋証明書」とは 個人が、新築または取得した住宅用家屋が一定の要件を満たす場合には、所有権保存登記、所有権移転登記(取得原因が売買または競落の場合に限られています。)または抵当権設定登記の際に、登録免許税の軽減措置があり
『住宅用家屋証明書について』の画像

先日、とある都銀から抵当権設定登記の依頼をいただきました。 土地の購入時にまず抵当権の設定を行い、建物の完成後、既存抵当権に建物を追加設定するという事案です。 多くの場合、土地の登記簿住所は新居へ入居する前の住所(土地購入時の住所)になっているため、建物が
『抵当権の債務者住所変更について』の画像

↑このページのトップヘ