広島で相続手続きの相談、法人設立の代行なら広島の司法書士事務所、いわさき司法書士事務所にご相談ください。
いわさき司法書士事務所スタッフブログ イメージ画像

更新情報

仮登記とは、何らかの理由で登記のための要件を満たせないときに、将来の登記の順位等を保全するためにする登記です。たとえば、売買による所有権移転の登記をするにあたり、農地法の許可が下りない場合に仮登記を活用したり、死因贈与の登記について所有者の死亡を始期とし

みなさん、ごきげんよう。いわさき司法書士事務所スタッフの藤澤です。今回は事務所メンバーから素敵な食材を頂きました!!頂いた食材はこちらっ!!イノシシ肉を頂きました!!二人家族にはデカすぎる!!(笑)ですがせっかく頂いた命。最後まで余すことなく食べたい…。
『休日のお料理➁ ~イノシシ肉のカムジャタン~』の画像

先週ご紹介した通り、令和3年2月10日、法制審議会は、相続登記や住所・氏名変更の登記を義務付ける法改正案を法相に答申しました。改正案では、相続による不動産の取得を知ってから3年以内、住所や氏名の変更からは2年以内の登記を義務化し、正当な理由なく過怠した場

不動産の相続や登記のルールが大きく変わろうとしています。令和3年2月10日、法制審議会は、相続登記や住所・氏名変更の登記を義務付ける法改正案を法相に答申しました。改正案では、相続による不動産の取得を知ってから3年以内、住所や氏名の変更からは2年以内の登記

日本に滞在する短期滞在を除く外国籍の方は、「在留カード」か「特別永住者証明書」が交付されており、運転免許証と同様に本人確認のための身分証明証として用いることができます。ただ、在留カードは偽造が多く出回っているとの話もあり、それを見抜くために、出入国在留管
『スマートフォンを使った在留カードの確認方法』の画像

1.不動産登記申請=原則、共同申請。 離婚をした場合、離婚の相手方に対して財産の分与を請求することができます。持ち家等の不動産も同様、財産分与を原因とする所有権移転登記をします。この申請を含め、多くの不動産登記申請は、原則共同申請です。つまり、『財産分与

土地の分筆登記と遺産分割協議書の成立日について第一回は土地の分筆と売買の登記原因証明情報の日付について、第二回は建物の表示登記と抵当権設定契約証書の日付についてお話ししました。今回は、土地の分筆登記と遺産分割による相続登記について取り上げます。被相続人の

1.清算型遺贈とは? 遺贈とは、遺言によって、遺言を作成された方の遺産を無償で譲渡することです。遺贈は、遺産全てという包括的に譲渡も、遺産の一部を譲渡することも可能です。また、遺贈は、遺産を処分する相手は、相続人はもちろん、第三者(=相続人以外の方)に対

建物の新築年月日と抵当権設定契約の日付第一回は土地の分筆と売買の登記原因証明情報の日付についてお話ししました。今回は、建物の新築年月日と、抵当権設定契約日の前後について取り上げます。例えば、新築年月日が令和2年1月8日と登記された建物について、令和2年1

↑このページのトップヘ