こんにちは、いわさき司法書士事務所のミサカです。
いかがお過ごしでしょうか?

* * *

さて、本日は久しぶりに相続のお話をいたしたいと思います。

相続とは
相続財産とは
保証債務について
借家権について
保険金について
保険金について②

これまで、何度かにわたって、相続財産(民法上、相続人間で遺産分割協議の対象になる財産)についてお話をしてまいりました。
たとえば、生命保険金や死亡時退職手当金などは、相続財産には含まれません(=遺産分割の対象となりません)。
一方で、実はこれらは相続税法上では課税対象になってしまいます。

すなわち、民法上の相続財産に該当するものほか、相続税法上に「みなし相続財産」と呼ばれるものが存在するのです。
後者は民法上の相続財産でないものを課税に取り込むものですから、税法でその範囲や用件が明確にされています。
実務的には生命保険金、死亡時退職手当金、生命保険契約に関する権利についてが重要です。

詳しくはまたいつかお話できればと思います。

* * *

それでは、本日はこのあたりで失礼します。
よい一日を!